全国ニュース

大飯3号機14日にも再稼働 近接の高浜と同時運転へ

2018年3月7日 18:07

 関西電力は7日、大飯原発3号機(福井県おおい町)を14日にも再稼働させると明らかにした。原子力規制委員会の審査に合格した原発の再稼働は4原発6基目。同県では関電の高浜3、4号機が運転中で、近接する複数の原発が同時に稼働するのは東京電力福島第1原発事故があった2011年以来初めてとなる。

 関電は、7日夜から原子炉の冷却水の温度や圧力を通常運転中に近い状態まで上昇させる「起動試験」を実施。順調に進めば、核分裂を抑えるために炉心に挿入してある制御棒を14日に引き抜き、原子炉を起動させる。4月上旬の営業運転開始を目指すとしている。