全国ニュース

渡辺えりの授業に背筋伸びる 「メアリ」の杉咲花

2018年3月7日 20:14

 アニメ映画「メアリと魔女の花」のDVD・ブルーレイ発売記念イベントが東京都内で開かれ、主人公メアリの声を演じた杉咲花が、共演した大先輩渡辺えりの“公開授業”に、熱心に耳を傾けていた。

 一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリの大冒険を描いたファンタジー。杉咲が思わず背筋を伸ばしたのは、渡辺が役作りについて語った時だ。

 渡辺は、赤い館の主人シャーロット(大竹しのぶ)に仕えるお手伝いバンクスを演じたが、人物像を「第1次世界大戦で夫を亡くし、シャーロットが出した『うちで働く人はいませんか』との広告に応募して気に入られた」などと想像し、演技に臨んだという。

 佐藤二朗までが「そこまで考えて?」と驚く中、渡辺は「自分ではないのだから、そこまでしないとしゃべれないでしょ」と演じる心を語り、杉咲は「勉強になります」。

 囲み取材では、魔法を使えるなら何に使うかとの質問に、杉咲は「食べても、おなかいっぱいにならない胃に」、佐藤は「透明人間に。フリーパスで旅行できるから」などと答えた。

 一方、渡辺は「世界平和。戦争をなくしたい」と切実な表情で、「(魔法を)一つしか使えないのに、それでいいの?」と2人にダメ出し。その迫力に、杉咲は、教師に諭された生徒のように「すみません」と謝っていた。