全国ニュース

横綱稀勢の里関が春場所休場 貴ノ岩関の出場、明言せず

2018年3月8日 12:30

 大相撲の東横綱稀勢の里関が春場所を休場することが8日、決まった。師匠の田子ノ浦親方が「左胸がなかなか完治できていない」と説明した。二所ノ関一門の連合稽古を欠席するなど、調整の遅れが懸念されていた。

 貴ノ岩関
 報道陣に囲まれる貴乃花親方=8日午前、京都府宇治市
 横綱稀勢の里

 横綱の6場所連続休場は2003年秋場所まで休んだ武蔵丸以来。年6場所制となった1958年以降、最長は貴乃花の7場所連続。稀勢の里関は次に出場する場所で進退を懸けることを明言している。

 元横綱日馬富士関による傷害事件の被害者で、西十両12枚目の貴ノ岩関の春場所の出場可否について、師匠の貴乃花親方は8日、「何もお答えできない」と話し、明言しなかった。