全国ニュース

森友文書の書き換え有無明言せず 原本の写し提出、議員開示と同じ

2018年3月8日 12:56

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省は8日の参院予算委員会理事会で、一部報道で問題発覚後の書き換えの疑いが指摘された決裁文書「原本」の写しを提出した。与野党が同日までの国会提出を求めていた。財務省は「指示された文書全て」とし、チェックマークの有無以外、内容は議員への開示文書と同じだと説明した。書き換えがあったかどうかは「継続調査中」として明言しなかった。

 参院予算委理事会で財務省が提出した、森友学園関連の決裁文書「原本」の写し=8日午前

 民進、共産、立憲民主各党と希望の会(自由・社民)は猛反発し、参院予算委を欠席。安倍晋三首相は予算委で「政府としても誠意を持って対応していく」と答弁した。