全国ニュース

小澤征爾さんが入院、公演を降板 大動脈弁狭窄症で約1カ月

2018年3月8日 17:10

 指揮者の小澤征爾さん(82)の事務所は8日、小澤さんが大動脈弁狭窄症と診断され、入院したことを明らかにした。治療と精密検査で約1カ月間入院する予定という。

 小澤征爾さん

 3月に予定していた京都、愛知、東京でのオペラ計4公演の指揮は降板し、デリック・イノウエさんが代役を務める。

 事務所によると、小澤さんは2月27日に体調不良を訴え、病院で検査したところ、今月2日に大動脈弁狭窄症と診断された。

 指揮者の変更による公演チケットの払い戻しはなく、おわびとして来場者に公式プログラムを渡すという。問い合わせは専用ダイヤル、(0120)002201。