全国ニュース

鶴竜出場へ、白鵬9日判断 3横綱全員休場は回避

2018年3月8日 23:44

 大相撲の東横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)の出場を決断したことが8日、日本相撲協会関係者の話で分かった。右手の指を痛めており、出場が危ぶまれていた。

 両足親指に負傷を抱える西横綱白鵬関(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は、取組編成会議の行われる9日朝に出場可否の判断を下すことが決まった。8日には東横綱稀勢の里関(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の休場が決定。