全国ニュース

自民、9条改憲で7案を提示 「最小限度の実力組織」の案を

2018年3月14日 13:19

 自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長は14日の執行役員会で、戦力不保持を定めた9条2項を維持しながら「自衛隊保持」について明記する案を含め、9条改憲の条文案を計7案提示した。安倍晋三首相(党総裁)の意向を踏まえた具体案を明らかにしたのは初めて。細田氏は15日の全体会合に7案を改めて提示。このうち「必要最小限度の実力組織」として自衛隊を保持するとの案を軸に、意見集約と一任取り付けを目指す考えだ。

 細田氏は「条文的な細かい詰めの問題ではなく、改憲に向かう大きな考え方を国民や党員に問う」と述べ、25日の党大会では改憲の方向性を示すにとどめる意向を示した。