全国ニュース

トランプ氏の失言回避へ書面提出 ロシア疑惑で弁護団

2018年3月20日 7:51

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は19日、トランプ政権を巡るロシア疑惑に関し、近く行われるとみられる事情聴取でトランプ大統領が失言しないよう、弁護団が政権内で記録されたメモや通信内容の要約をモラー特別検察官のチームに提出したと伝えた。

 トランプ氏は事情聴取を心待ちにし「うずうずしている」と周辺に話しているというが、弁護団は事前に文書で提出することでトランプ氏本人に対する聴取時間を短くし、不要な発言や誤解を避ける狙いがある。

 提出された要約には、トランプ氏個人による説明は含まれていないという。