全国ニュース

再稼働9基目、「次」見通せず 玄海4号、発電再開へ作業

2018年6月17日 0:26

 九州電力は16日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)を再稼働し、発電再開に向けた作業を続けた。同日午後11時45分、核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達した。新規制基準下での再稼働は、5原発9基目。次の再稼働は最短で1年半近く先だがさらなる遅れが確実な状況で、発電量に占める原発の割合を2030年度に20〜22%とする政府方針達成はより困難になりつつある。

 再稼働した九州電力玄海原発4号機(奥)=16日、佐賀県玄海町

 九電の原発では唯一、再稼働するか廃炉とするかが決まっていない玄海2号機の扱いも焦点となる。

 最も再稼働に近い関西電力高浜1号機(福井県)は19年9月の計画だが、それまでに地元同意が得られるか見通せない。