全国ニュース

豪雨被害の岡山、高校野球開幕 広島は17日に開会式

2018年7月13日 11:27

 西日本豪雨で多大な被害が出た岡山県で13日、第100回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた岡山大会が開幕し、倉敷市の倉敷マスカットスタジアムで開会式が行われた。冒頭で犠牲者に黙とうがささげられ、作陽の橋本龍太主将(3年)は「私たち高校球児はこの大会で被災者の方に勇気と感動を与えます」と宣誓した。

 第100回全国高校野球選手権大会の岡山大会の開会式で、宣誓する作陽の橋本龍太主将=13日午前、倉敷市の倉敷マスカットスタジアム

 開幕日の延期はなかったが、会場の一つである倉敷市営球場が使用できなくなり、日程を一部変更した。13日は同スタジアムで岡山朝日―津山工など2試合を実施。

 同じく豪雨被害を受けた広島県は道路の寸断などの影響が大きく、開幕を当初予定していた7日から17日まで遅らせた。