全国ニュース

Uターン、新幹線でピーク 自由席の乗車率150%も

2018年8月15日 18:45

 お盆休みのUターンラッシュは15日も続いた。各新幹線では上りの自由席乗車率が150%に達する電車もあり、混雑のピークとなった。高速道路でも上り線での渋滞が各地で発生。空の便も国内線上りや国際線の日本到着便が19日にかけて予約率が高く、各地の空港が搭乗客で混雑した。

 お盆のUターンラッシュがピークを迎えたJR新大阪駅で、新幹線のデッキから見送りの祖父母に手を振る男の子=15日午前

 各新幹線の上りは15日、山陽新幹線のぞみ32号が岡山駅発車時、山形新幹線つばさ144号が山形駅発車時にいずれも自由席の乗車率が150%となった。東海道新幹線は午後の指定席がほぼ満席となったが、自由席乗車率が100%を超える列車は少なかった。



サイト内検索