全国ニュース

内閣府が女性への暴力なくす運動 東幹久さん起用、動画で訴え

2018年11月10日 15:41

 セクハラを決めるのはあなたではない―。内閣府は12日からの2週間、DVや性犯罪、セクハラなど、女性に対する暴力をなくす運動を実施する。今年は俳優の東幹久さんを起用した動画やポスターを作成。何げない言葉でもハラスメントに当たる可能性があり、配慮するよう呼び掛けている。

 内閣府が東幹久さんを起用し作成したセクハラなどの防止を呼び掛けるポスター(内閣府提供)

 動画では、東さん扮する男性上司が女性に「今日の服、かわいいね。好みだな」「今夜めしどう?2人きりで」と発言。「ほめているつもりでも相手は不快に思っているかも」「上司だからNOと言えないだけかも」と指摘する内容だ。

 動画は内閣府のホームページで公開。ポスターは自治体や駅などに掲示してもらう。