全国ニュース

中之島の中央公会堂が100周年 16〜18日に記念イベント

2018年11月13日 5:20

 美しい赤れんがの外壁と青銅のアーチで知られる大阪市中央公会堂(同市北区中之島)が、17日に開館100年を迎える。レトロ建築ブームもあって見学ツアーは毎回大人気。16〜18日には多彩な記念イベントも開かれる。

 開館100年を迎える大阪市中央公会堂

 明治―大正時代の株式仲買人で、大阪市民だった岩本栄之助が100万円を寄付して建設が始まり、1918年に開業。赤れんがの外壁に白い石の帯が巡るデザインは大正ロマンをほうふつさせ、2002年には重要文化財に指定された。「地球は青かった」と言った旧ソ連の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンやヘレン・ケラーが講演会を開いたこともある。