全国ニュース

シャンシャン母と別居開始 上野動物園、年内独り立ち

2018年11月13日 9:39

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香、雌)が13日、独り立ちのため、母親シンシンと離れて暮らし始めた。園は徐々に別居時間を増やし、年内には完全に単独で暮らすようにする予定。

 独り立ちのため、母親と離れて暮らし始めたジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=13日午前、東京・上野動物園

 シャンシャンは12月に1歳半になる。上野動物園によると、ジャイアントパンダは本来、単独で生活し、野生だと1歳半〜2歳で親離れするため、シャンシャンにも自立を促すことにした。

 13日から当面は、午前中だけ屋外で別々にする。午後には同じ場所に戻し、これまで通り母子一緒の姿を観覧できる。慣れれば午後や、室内で過ごす夜間なども離れて生活するようにする。