大阪ニュース

ビキニで熱い夏を アトラクション+音楽フェス

2016年7月29日

 “ビキニ”をドレスコードにした「BIKINI FES 2016」(実行委員会主催)が8月27、28の両日、大阪市此花区の舞洲スポーツアイランドで初めて開かれる。巨大なウオータースライダーや“ビーチ”、歌手のクレイ勇輝さん(元キマグレン)らが行うライブなど、アトラクションと音楽フェスを参加者全員が水着で楽しむという一風変わったイベントになりそうだ。

水着でアトラクションと音楽を満喫できる「BIKINI FES 2016」(イメージ)
「BIKINI FES 2016」の会場マップ(イメージイラスト)

 主に関東で大型音楽フェスの企画・プロデュースを行っているクレイさんが実行委員長となり、単なる音楽フェスではなく新しいスタイルのイベントを作ろうと企画。はやりのドレスコードを、他にはない“ビキニ”にし、「トレンドに敏感で、いい意味でミーハーな関西圏で第1弾を」(事務局担当者)と大阪での開催にこぎ着けた。

■水着に着替えゴー

 参加者はスタートエリアで水着に着替え、約2キロのランコース内に設置されたアトラクションへと向かう。まずはビル5階に相当する高さ11メートルの巨大なウオータースライダーで迫力満点のスリルを楽しみ、バブルマシンで泡まみれに。

 「最近はやりのバナナやスイカなどの大きな浮輪やパラソルを置いてリゾート感をたっぷり演出する」(同)という200平方メートルの砂浜も出現する。ウッドデッキでくつろいだり、新ジャンルの音楽「トロピカルハウス」を閉ざされた空間で楽しむこともできる。

■フォトスポットも

 メイン会場での音楽FESに出演するのは、27日はAqua Timez、AK−69、Silent Siren、28日は板野友美、Hilcrhyme、清竜人25。クレイさんは両日出演する。ほかに今井華、大川藍、紗蘭、JunJun、とにかく明るい安村の各氏らも駆けつけ、アトラクションですでにヒートアップした聴衆を前に夏をテーマにしたライブで盛り上げる。

 1日満喫したイベントをソーシャルメディアで発信し、多くの人と楽しさを共有してもらうために、さまざまなフォトスポットも設置。来年第2弾を実施できるよう、イベントの知名度アップも狙う。

 クレイさんは「新しい自分になれるきっかけになるフェスだと思っている。僕もキマグレン解散から1年たってソロとして新たにスタート。特別な夏の締めくくりにぜひ一緒に思い出を作りましょう」と来場を呼び掛けている。

 午前11時〜午後6時。チケットは男性6800円、女性5800円。参加賞あり。ホームページアドレスは次の通り。

http://bikini-fes.com/

関連リンク
BIKINI FES 2016


サイト内検索