大阪ニュース

「リユースファン拡大」 コメ兵 梅田に旗艦店

2017年2月16日

 中古品販売大手のコメ兵(名古屋本社)は16日、大阪市北区芝田2丁目に西日本初の大型店「KOMEHYO梅田店」をオープンする。約7千点の貴金属やバッグ、衣料品などを取り扱い、個室ブースを設けて買い取りも行う。

ラグジュアリーな空間で買い手、売り手を迎える中桐充雄店長(右)と石原卓児社長=大阪市北区、「KOMEHYO梅田店」

 名古屋本店、新宿店に次ぐ店舗面積の旗艦店。ビル内3フロア、1318平方メートルで宝石2千点、時計600点、バッグ・財布千点、衣料品3500点を販売する。

 ハリー・ウィンストンのブレス(1298万円)などの高級品から手頃なリメークジュエリー(1〜10万円)まで「幅広い価格帯、ブランドを扱う」と中桐充雄店長。人気のエルメスを集めたコーナーも設け“オールエルメスコーディネート”も可能だ。

 大阪では心斎橋店、梅田の地下街・ホワイティうめだ店、あべの店を展開するが、梅田出店は宿願だった。石原卓児社長は「創業70年の節目に待望の大型店を梅田に出店でき大変うれしい。関西エリアのリユースファンの拡大を目指したい」と気勢を上げる。

 オープンを記念し16〜19日の各日先着75人に、リメークしたパールネックレスをプレゼント。午前11時〜午後8時。


サイト内検索