大阪ニュース

「肌質に合う」が選択理由トップ スキンケア品

2017年4月21日

 女性がスキンケア品を購入する時に重視する点のトップは「肌質に合っているか」であり、ブランドや企業イメージはあまり重視していない実態が、ナリス化粧品(大阪市福島区)のアンケートで浮き彫りになった。スキンケア品選びで悩む女性は7割に上った。

 アンケートは入学・就職シーズンに合わせ、3月にインターネットで実施した。対象は20〜60代の女性2415人。

 スキンケア品選びで悩んだ経験について「よくある」と回答した割合は「時々ある」も含めると71%を占めた。年代別で見ると、20〜24歳が84%と最も高く、最低は65〜69歳の56%だった。

 購入時に重視する点について三つまで選択してもらったところ、「肌質に合っている」が59%を占め、「価格」の51%を上回った。「ブランドイメージ」は7%、「企業イメージ」は4%だった。

 同社は「肌質や肌悩みに合ったカウンセリング力がメーカーに求められている」としている。


サイト内検索