大阪ニュース

静岡の新茶、お得な販売会 19日まで

2017年5月19日

 静岡県産の新茶のキャンペーン販売会が18日、同県大阪事務所が入る地下鉄本町駅に近い大阪市中央区備後町3丁目の備後町コイズミビル駐車場で始まった。

初夏の訪れを告げる静岡新茶の即売会=18日午前、大阪市中央区備後町

 JA大井川管内の新茶で、ポピュラーな藤枝茶の摘みたて100グラム袋入りが千円と市価より2割ほど安い。高級茶の初摘みは同1500円、大走りが同2千円と料金は昨年から据え置き。昨年産高級茶の詰め放題セールは千円で300〜500グラムが詰られるとあって順番待ちの列もできていた。

 JA大井川茶加工部の片山雄一係長は「関西では宇治茶が有名だが、静岡茶は日本一の生産量で適度な渋みと深い味と香りが特徴。新茶独特の風味をどうぞ味わってください」と話していた。

 販売会は19日午後4時まで。静岡の名産が当たる空くじなしの抽選会(2千円以上の購入者が対象)、人気のお茶アメやサクラエビせんべいなどの即売もある。問い合わせは電話06(6263)6120、静岡県大阪事務所。