大阪ニュース

交野一、盾津東4強入り 大阪中学校優勝野球中央大会

2017年8月11日

 「第68回大阪中学校優勝野球大会(準硬式)」の中央大会第6日は10日、東大阪市の花園中央公園野球場で準々決勝の残り2試合を行い、交野一と盾津東がそれぞれ勝って4強入りした。

準々決勝・豊中十五―盾津東 7回を2安打無失点に抑えた盾津東の大江

 交野一は1点を追う六回、四球を足がかりに攻めたて、2死二塁から小川の右前適時打で同点。七回は浦津のバントヒットと暴投で1死三塁とし、中向の右前適時打でサヨナラ勝ちした。

 盾津東は初回、宮下、板敷の連続安打などで1死二、三塁とし、暴投で2点を先制。三回には板敷の適時二塁打で1点、四回には土屋のスクイズで1点を加えた。先発の大江は緩急を使った巧みな投球で散発2安打に抑え、完封した。

 大会第7日の11日は、同球場で準決勝を行う。



▽準々決勝
箕面二
100 111 0=4
002 011 1x=5
交野一
(箕)三浦−伊藤桃(交)前村−宇田▽三塁打 角田(箕)中向(交)▽二塁打 近藤(交)

豊中十五
000 000 0=0
201 100 x=4
盾津東
(豊)小林、秋本−上山(盾)大江−板敷▽二塁打 秋本(豊)板敷(盾)