大阪ニュース

400人、事故ゼロ誓う 北区交通安全大会

2017年9月14日

 「秋の全国交通安全運動」(21〜30日)を間近に控え、大阪市北区の区民センターで13日、「北区交通安全大会」があった。区民ら約400人が参加し、多発する自転車事故の未然防止などについて学び、「交通事故ゼロ」への思いを新たにした。

寸劇を交えて自転車事故の要因を解説する警察官ら=13日、大阪市北区の区民センター

 同区役所と区内の3警察署などで構成する「交通事故をなくす運動」北区推進本部(本部長・上野信子区長)が企画した。

 ステージで府警本部交通安全教育班が、寸劇を交えた安全教室を実施。自転車を使って事故の要因を分かりやすく解説し、「一時停止と後方確認の徹底」「交差点ではドライバーが自転車に気付いているかどうか、アイコンタクトで確認する」といった要点を繰り返し伝えた。

 大会の冒頭で上野区長は2025年の万国博覧会の大阪誘致に触れ、「2度目の大阪万博のために、ますます交通安全・安心のまちづくりを実現し、住んでよし、遊んでよしの大阪市北区を実現しましょう」と協力を呼び掛けた。


サイト内検索