大阪ニュース

大阪府内61人届け出 衆院選公示

2017年10月11日

 第48回衆院選は10日、公示された。大阪府内の19選挙区には61人が立候補を届け出た。大阪を本拠地とする日本維新の会は、再挑戦を目指す大阪都構想などを巡って対立する自民党と15選挙区でぶつかる。各候補は早速、街頭で主張を訴えるなどし、22日の投票日に向けて12日間の選挙戦に突入した。

公示を迎えた衆院選。第一声に臨んだ立候補者の熱弁に耳を傾ける有権者ら=10日、大阪市北区

 立候補者を党派別で見ると、自民15人▽維新15人▽共産13人▽立憲民主8人▽公明4人▽社民1人▽幸福実現1人▽諸派1人▽無所属3人。前回2014年の衆院選に比べ4人少なかった。

 大阪市内に関連する選挙区では、1区に維新、自民、諸派、立憲、共産▽2区に立憲、維新、自民▽3区に共産、公明、無所属▽4区に自民、共産、維新▽5区に幸福、公明、立憲、共産▽6区に立憲、公明−が候補を擁立。4区は三つどもえ、6区では一騎打ちとなり激しい選挙戦が予想される。

 期日前投票は、大半の市区町村で、11日から21日まで受け付ける。時間は各市区町村によって異なる(大阪市内24区は主に11〜15日が午前8時半〜午後8時、16〜21日は午後9時まで)。

 9日現在の選挙人名簿登録者数は、732万3077人(男350万782人、女382万2295人)。