大阪ニュース

デザインで対話を、中学生が制作 Tシャツアート展

2017年10月25日

 思い思いにデザインしたTシャツを展示し、見た人が感想を書き残す「Tシャツアート対話展」が29日、大阪市港区の赤レンガ倉庫横広場のアートスクエアで行われる。地元の中学生が「自分の好きなもの」をモチーフに制作した。

「自由に思ったことを書いてほしい」と話す藤田さん(左端)と運営スタッフ

 港区の歴史的資源を学び、アート作品を制作する「海・川・港町・わがまち港区 I LOVEアートプロジェクト」事業。同区内の築港、港、市岡東の3中学校の2年生約250人が参加した。

 「アートはもっと自由でないといけない。人の意見を聞くと、思ってもいない発想が出てくる」とイベントを企画した「シカトキノコ」(東成区)代表の藤田ツキトさん。制作にあたり、西村捨三・大阪港築港初代所長のひ孫で、イラストレーターの柳原良平さんの作品を感想や意見を言い合う“対話”型で鑑賞。Tシャツはそれぞれが「自分の好きなもの」を挙げ、「なぜ好きなのか」「それは150年後に存在しているのか」「伝えたいメッセージは」などという質問に答えながらデザインイメージを膨らませ、シルクスクリーンで仕上げた。

 Tシャツの感想を書き残した人には人気ポップコーン店「ポップコーンパパ」の商品引換券をプレゼント。藤田さんは「人によって作品を見る角度や考えが違う。自由に思ったことを書いてほしい」と話している。

 当日は同会場のほか、中央突堤と海遊館横広場で「大阪港開港150年祭・第10回天保山まつり」が開催される。