大阪ニュース

マジシャンが種明かし 浪速区の企業、動画サイト展開

2017年11月4日

 演劇の動画配信を手掛ける「ネクステージ」(大阪市浪速区)と手品を披露する飲食店経営「マジックポット」(岡山市北区)は、ネット上でプロの手品師が種明かしする動画サイト「マジックキャンプ」を展開している。手軽なコミュニケーションの手段として手品を活用してもらうとともに、業界の活性化につなげるのが狙い。

手品の動画配信サイトを展開しているネクステージの福井学社長(左)とマジックポットの前田真孝社長

 動画サイトは10月にスタート。硬貨や紙幣といった身近な物でできる手品から、トランプやリングなどの小道具を使う本格的なタイプまで、約40本を現役のプロ手品師が紹介している。中には、「もう1回見せて」と言われたときの返し方や失敗したときの対処法など実践を想定した内容も用意した。

 無料動画のみが見られる無料会員と、手品のやり方まで解説した全動画を月額980円(税別)で視聴できる有料会員のコースがある。

 今後追加の動画を配信予定。「表現者の未来をつくる」を企業理念に掲げるネクステージは「マジシャンの未来を支援し、社会を元気にしたい」と意欲を示している。