大阪ニュース

AKB・チーム8永野芹佳さん 府献血推進ガール就任

2017年11月5日

 大阪府赤十字血液センター(大阪市城東区)は4日、アイドルグループ「AKB48チーム8」大阪府代表の永野芹佳さん(16)に、府献血推進ガールを委嘱した。献血者数が減少している若い世代にアピールするのが狙いで、同グループメンバーが献血推進ガールに就くのは舞木香純さん(福島県)、吉川七瀬さん(千葉県)に続いて3人目。

谷所長(左)からタスキを受け取り握手を交わす永野さん=4日、大阪市城東区

 同センターで就任式が開かれ、永野さんは谷慶彦所長から委嘱状とタスキを受け取り、「実感が湧いてきました」とニッコリ。続いて開かれた献血に関するトークショーでは、「200ミリリットルなら男女16歳から献血できます」と就任に当たり学んだ知識を披露した。

 以前から献血に興味があったという永野さんは「16歳になったので私も行きたいし、いろんな世代にも献血してもらえるようにたくさん呼び掛ける」と意気込んでいた。

 同センターによると、府内の10〜20代の献血者数は1997年度に約20万人だったのが、2012年度には約8万5千人にまで減少。永野さんは今後、府内で行われる献血キャンペーンやセミナーなどに参加し、若者らに協力を働き掛けていく。