大阪ニュース

新たな挑戦誓う 大阪シティ信金90周年記念式典

2017年11月7日

 11日に創立90周年を迎える大阪シティ信用金庫は6日、大阪市北区のホテルで記念式典と祝賀会を開催した。松井一郎大阪府知事をはじめ、関係団体や取引先などから約300人が出席。100周年に向かって役職員一丸となって業務にチャレンジすることを改めて誓った。

大阪府への寄付に対する感謝状を持つ河村理事長とお祝いに駆け付けた松井知事(右)=6日、大阪市北区の帝国ホテル大阪

 同信金は1927年の創立で、大阪市内を中心に90店舗を展開。3月末現在の預金量2兆4315億円、融資量1兆3008億円で、全国信金8位の規模に成長した。

 河村正雄理事長は、出席者に感謝するとともに「これまで以上に人と人の触れ合い、地域との触れ合いを大切にしていきたい」とあいさつ。

 式典では、長年の取引先に感謝状や、大阪府・市など7団体への寄付目録の贈呈なども行われた。

 松井知事は同信金と府の中小企業振興に関する連携協定に触れ、「豊富な企業情報やネットワークを活用し、本格的な中小企業支援の展開を進めるようになった」と祝辞を述べた。

 会場では、法相宗大本山薬師寺の村上太胤管主の講演や、大阪天水連による阿波踊り演舞のアトラクションなども行われた。