大阪ニュース

「立冬」穏やか 近畿各地ぽかぽか陽気

2017年11月8日

 7日は二十四節気の一つ立冬。日は短くなり時雨が降る季節で、北国や高い山では初雪の便りも届く頃とされる。近畿地方は高気圧に覆われて晴れ間が広がり、日中は各地で20度を上回り、ぽかぽか陽気の一日となった。

日中は暖かな一日となった立冬。ケヤキ並木の片隅には落ち葉が一面に=7日、大阪市北区

 大阪市北区の市庁舎南側のケヤキ並木は、秋風に吹かれると赤く色づいた葉をしきりに落としていた。歩道の脇には落ち葉が重なり、茶色や黄色のじゅうたんを敷き詰めたよう。木々の冬支度も着実に進んでいる。

 大阪管区気象台によると、朝晩の寒暖差が大きく大阪では朝の最低気温が10・1度まで下がり肌寒かったが、日中は22・1度と上着を脱いでも過ごしやすかった。8日は気圧の谷の接近で雨が降ると予想している。