大阪ニュース

VRで実感、体験 初のインテリアショップ開店

2017年11月9日

 千趣会(星野裕幸社長)の通信販売事業ベルメゾンは、地元大阪に初の“実感・体験型”インテリアショップ「BELLE MAISON LIFESTYLING(ベル メゾン ライフスタイリング)堀江」をオープンした。主に30代の女性が求める“本当にしたい暮らし”の実現を、サポートしていく。

ニーズに合わせてコーディネートした部屋をVRで確認できるシステム=大阪市西区

 大阪市西区南堀江1丁目のビル2階に、カタログやネットで販売している一部の商品を展示。無料のインテリア相談窓口も設け、インテリアコンシェルジュが世帯構成やライフスタイル、ニーズに合わせて約8万点の商品の中からコーディネート提案する。

 コーディネート例は3Dで再現され、VR(仮想現実)で部屋を歩くことができる。ソファの大きさやカーテンの色合いなど、よりリアルにシミュレートし、商品選びを後押し。家具のほか、インテリア雑貨などもそろえ、カタログやネットで気になっていた商品などを実際に手に取って検討できる。

 シェフに学ぶ新グルメスタジオ「FOOVER(フーバー)」も併設。グルメな料理上級者が対象で、人気店のシェフが講師を務めるグルメレッスンや、専門家のガイドで試飲試食しながら学ぶ講座などハイレベルなコンテンツを提供していく。

 星野社長は「お客さまとの新しい接点」と開業を喜び、「お客さまと一緒にお客さまのニーズを考えつくっていく千趣会のこれからの歴史の第一歩だと思っている」と力を込めた。