大阪ニュース

新梅田シティに巨大クリスマスツリーお目見え

2017年11月18日

 大阪市北区の新梅田シティで17日夕、恒例イベントの「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2017」が始まった。キタのランドマーク「梅田スカイビル」の谷間に、高さ約27メートルの巨大なクリスマスツリーがお目見えし、多くの来場者が冬の風物詩を満喫している。入場無料。12月25日まで。

梅田スカイビルの谷間できらびやかに点灯したクリスマスツリー=17日、大阪市北区の新梅田シティ

 この日は点灯式があり、電飾を施した豪華なツリーがともると、歓声とともにクリスマスムード一色に。基礎部分にはトンネルが設けられ、きらびやかなツリーを見上げながら興味津々に通り抜ける人々の列が続いた。

 周囲にはドイツから運ばれた24戸の「ヒュッテ」(木製小屋)が出店し、ビールやソーセージなどドイツグルメの販売が好評。120年以上前に製作された木製メリーゴーラウンドも登場し、いっそうにぎわいを見せた。

 マーケットは正午〜午後9時(金曜は午後10時)。土日祝は午前11時〜午後10時。ツリーの点灯は午後5時〜同10時半。