大阪ニュース

ゴールまでの時間競う 読売テレビ、大阪マラソンで対決

2017年11月24日

 26日に迫った「大阪マラソン2017」で読売テレビの番組ランナーとして出場する「朝生ワイド す・またん!」のお天気キャスター・木島由利香と「かんさい情報ネット ten.」のメーンキャスター・中谷しのぶアナが、ゴールまでの時間を競う「番組対抗ガチンコマラソン対決」を行う。

先着勝負で宣誓書にサインした中谷アナ(右)と木島気象予報士=大阪市中央区の読売テレビ

 木島は「番組で天気予報をお伝えしている私は“信用”が第一。マラソンに出るからには最後まで走り切らないと信用を失う」と気象予報士ならではの危機感を明かし、「まず完走を目指す」と目標タイム「6時間30分」を掲げた。

 一方の中谷アナは「これまでマラソンからは逃げてきた。ten.がリニューアルされたこともあり、この機会に自分の殻を破ってみようと挑戦を決めた」と熱い思いを語り、「目標タイムは6時間30分。まずは完走すること」と同時間に設定。

 どちらが先着するかの勝負に宣誓調印した2人は、中谷が「チームten.として一致団結して負けられない」と力強く宣言。木島も「戦うからには勝ちたい。本番では中谷さんと一緒に走って、ゴール前にちょっとだけ前に出る作戦で勝ちます」と必勝の秘策を披露。

 敗れた方の“罰ゲーム”は、中谷から「私が負けたら、木島さんのお天気コーナーのバックでフランダンスを踊る」と提案。「私はナマコが好物なので、勝ったら森(たけし)さんと辛坊(治郎)さんに海でナマコを採ってきてほしい」と切り出し、指名された2人は「よし、それならグアムの海岸にいっぱい生息するナマコを採りに行こう」と切り返す一幕も。