大阪ニュース

社長の出身大学近大が近畿最多 16年、7年連続

2017年12月8日

 東京商工リサーチ関西支社が2016年のデータを基に実施した調査結果によると、近畿2府4県に本社を置く企業の社長の出身大学は、近畿大が最も多いことが分かった。調査開始から7年連続のトップとなる。

 同社データベースに登録されている全国296万9431社(16年12月現在)のうち、公開されている社長の出身大学を集計した。

 このうち近大出身の社長は3709人。府県別では大阪と奈良、和歌山の3府県で近大出身の社長が最多だった。

 同関西支社は「卒業生が50万人以上と関西の他大学と比べて圧倒的に多い上、卒業後も地元志向が強いためではないか」と分析している。