大阪ニュース

田尻30位、豊中十一35位 全国中学駅伝

2017年12月18日

 「第25回全国中学校駅伝大会」は17日、滋賀県希望が丘文化公園で開かれ、大阪勢は女子の田尻が30位、男子の豊中十一は35位でレースを終えた。

男子・豊中十一は2区の中井(左)から3区の長谷川にタスキをつなぐ=17日、滋賀県希望が丘文化公園
女子・田尻は3区の明貝(右)から4区の岩村にタスキリレー=17日、滋賀県希望が丘文化公園

 初出場の田尻は、1区を30位でレースをスタート。2区で順位を落としたが、3区の明貝菜乃羽が区間8位、4区の岩村優希が区間3位の走りで猛追し、一時は24位まで順位を押し上げた。

 12年ぶり4度目の出場となる豊中十一は、序盤から苦しいレース展開となり、3区の長谷川晴也が33位まで盛り返したが、順位を上げることができなかった。

 女子は5区間12キロで争われ、桂(京都)が41分21秒で優勝して4連覇、男子は6区間18キロで競い、白山(千葉)が57分3秒の大会新記録で頂点に立った。