大阪ニュース

買い物客が商業施設で「世界一」挑戦 ツリー飾りで達成

2017年12月28日

 買い物客が複数の「ギネス世界記録」に挑戦できる催しが大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目の商業施設「あべのキューズモール」であった。大人数参加型の「一本のクリスマスツリーに飾った最も多いキャンディーケーン(ステッキ型あめ)の数」への挑戦では、達成基準をクリアする5079本をマークし、会場が記録認定に沸いた。

高さ3メートルのツリーにキャンディーを飾り、記録に挑戦する買い物客ら

 23日は、屋外の広場に高さ3メートルのツリーが登場。公式認定員が後方で目を光らせる中、親子連れやカップルが記録への挑戦とクリスマスムードを楽しんでいた。

 和泉市の小学4年、出見英恵さん(9)は「自分が参加して、世界記録になったらうれしい」とチャレンジを楽しんでいた。

 その他、2人1組で「1分間に最も多く重ね着したセーターの枚数」は、現行記録を4枚上回る15枚をマークした挑戦者が登場。「6本のピンに輪を投げ入れた最速タイム」を競う個人競技は、現行の11秒29を上回る記録は出なかった。