大阪ニュース

かしまし娘が角座へ よゐこトークライブ1月公演

2017年12月28日

 お笑いコンビ「よゐ(い)こ」の有野晋哉(45)が定期的に開催しているスペシャルトークライブ「師匠は鎹(かすがい)」の来年1月20日公演(道頓堀ダイハツムーヴ角座)に松竹芸能所属タレント第1号のかしまし娘3人がそろってゲスト出演する。

かしまし娘出演の「師匠は鎹」をPRするよゐこの2人=大阪市中央区の角座

 有野がことわざの『子はかすがい』をもじって、「よゐこは鎹」としてスタートしたライブ。先輩芸人をゲストに招く際にこの名称を使っている。かしまし娘は、正司歌江(88)照枝(84)花江(81)の3人姉妹。テレビ黎明(れいめい)期の1950年代から第一線で活躍。2006年のトリオ結成50周年で角座に出演して以来の演芸場でのそろっての高座となる。

 結成60年を超える関西笑芸界きっての大御所だけに、結成27年のよゐこでもギャップがありすぎることから、中間世代代表として酒井くにお(69)とおる(66)の結成45年兄弟コンビに加わってもらう。

 有野は「以前、(かしまし娘の弟子の)正司敏江師匠(77)と一緒にやらせていただいて、『松竹芸能60周年の記念で出ていただくのは?』というお話しになり、『かしましの師匠しかないやろ!』というお話しになった。さすがに僕1人では怖いので、相方の濱口優くん(45)に協力してもらうことに」と説明。

 コンビ結成前に角座で進行の手伝いをしていた濱口は、有名師匠方に怒られた経験が山ほど。コンビとしてやっと一人前になれたが、東京に活動の場を移し、ほとんど先輩からの話を聞かせてもらったことがないことから、「大先輩の話を聞くのが楽しみ」という。当日もし「かしまし師匠がネタをやりはったら? それは僕らもぜひ見たい」と期待する。

 午後3時開演。入場料3千円(前売り2500円)。問い合わせは電話06(7898)9011、角座。