大阪ニュース

初日の出 待ち構え 梅田スカイビル特別営業

2018年1月3日

 今年で開業25周年を迎える大阪市北区の梅田スカイビルで1日、元旦恒例の早朝特別営業があった。国内外の観光客ら多くの来場者が地上173メートルの屋上「空中庭園展望台」などから待望の初日の出を望んだ。

多くの来場者が待ち構える中、東の空を染める初日の出=1日、大阪市北区の梅田スカイビル

 この日は午前5時のオープン前からすでに500人以上が列をなした。以後、さらに多くの来場者が屋上や40階の屋内展望フロアに足を運び、東方面を向いて御来光を待った。

 日の出時刻(同7時5分ごろ)を少し過ぎ、生駒山系から太陽が現れると、来場者は一様にカメラやスマートフォンを掲げて感動の瞬間を撮影。大阪市街を染める朝焼けの中、「待ったかいがあった」「寒いけれど暖かい光景」など感激の声を上げた。

 毎年撮影に訪れている京都市の男性(70)は「ビルに反射する日の出を狙った。過去最高ではないが、まずまずの作品が撮れた」と話した。