大阪ニュース

心斎橋に旗艦店 仏「ヴァン クリーフ&アーペル」

2018年2月2日

 フランスの宝石店「ヴァン クリーフ&アーペル」は1日、日本国内最大級の新店舗を3日に大阪市中央区にオープンすることを記念し、女優の吉瀬美智子さんを迎えてテープカットセレモニーを行った。総額5億円にもなる、きらびやかなジュエリーを身に着けた吉瀬さんは「すてきとしか言いようがない」と目を細めた。

計45・66カラットのエメラルドがあしらわれたネックレスなどを身に着けた吉瀬美智子さん(中央)ら=1日、大阪市中央区のヴァン クリーフ&アーペル心斎橋店内

 店舗は御堂筋と長堀通の交差点、市営地下鉄「心斎橋駅」近くに位置し、3フロア延べ636・68平方メートルの面積がある。

 ジュエリーや時計などの展示・販売のほか、多目的スペースも設けブランドの世界観と見合ったイベントも企画していく。西陣織の老舗の織物を用いた和洋を融合した内装で、今月28日までは大阪生まれの華道家、片桐功敦さんの作品も展示する。

 吉瀬さんは計45・66カラットのエメラルドがあしらわれたネックレスなどを着け、「重みもあるし、輝きもすごい。ずっと眺めていたい」とうっとり。「これからもコレクションを増やし、娘たちに受け継いでもらいたい」と話した。