大阪ニュース

銀行員に感謝状、特殊詐欺被害防ぐ 住吉署

2018年2月2日

 大阪府警住吉署は1日、特殊詐欺による被害を未然に防いだとして、三菱東京UFJ銀行あびこ支店(大阪市住吉区)の支店長代理、西尾浩さん(50)に感謝状を贈った。

高橋署長(左)から感謝状を受け取る西尾さん=1日、大阪市住吉区の府警住吉署

 1月10日午後1時ごろ、同市東住吉区の無職男性(70)が来店し、現金自動預払機(ATM)で1日当たりの利用限度額(50万円)を超える現金を引き出そうとしていた。

 聞き取りしたところ、男性はコンビニエンスストアで既に一定額の振り込みを終えたところで、「身に覚えのない」有料サイト利用名目で追加の支払いを求められたという。不審に思った西尾さんが住吉署に相談し、被害を防いだ。

 高橋健志署長から感謝状を受け取った西尾さんは「勉強会でよく聞く手口だったので、食い止められて良かった。評価してもらい、皆の励みになる」と神妙に話した。

 府警の統計(暫定値)によると、2017年に府内で発生した特殊詐欺の認知件数は1597件で、被害総額は37億5400万円に達した。