大阪ニュース

目輝かせ熱心に質問 縄手中生が本紙職場体験

2018年2月4日

 東大阪市立縄手中学校の2年生5人が1、2の両日、職場体験学習の一環で北区の大阪日日新聞を訪れ、記者の仕事を学んだ。

担当者の説明を聴き取材に挑戦する中学生(左から2人目と3人目)

 訪れたのは青木唯真さん(14)、坂本光生さん(13)、東海林泰樹さん(13)、森口哲匠さん(14)、新田春海さん(14)。新聞の役割や制作の流れについて説明を受けた後、本紙記者とともに市内に出掛けて取材した。

 2日には青木さんと坂本さんが、鶴見区の咲くやこの花館で開催している特別展示「カカオとコーヒー展」を取材。カカオノキの写真撮影に挑戦し、担当職員に「世界で一番カカオ豆を作っている国はどこですか」「実を収穫した後の木はどうなりますか」などと熱心に質問した。

 取材を終えた坂本さんは「明日から新聞を読むのがさらに楽しみになった」と笑顔。カメラ好きの青木さんは「今日のような写真を撮るような仕事も楽しい」と目を輝かせていた。