大阪ニュース

IRのメリット強調 米大手・MGM会長が説明会

2018年2月7日

 大阪府・大阪市が同市湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)施設について、米リゾート施設運営大手のMGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・J・ムーレン会長は6日、「夢洲にIRをつくりたい」と改めて大阪に進出する意欲を示した。

大阪での開業を目指すIRの姿について説明するムーレン会長=6日、大阪市阿倍野区のホテル

 同市内のホテルで開かれた報道関係者向けの説明会でムーレン会長は、大阪を有力な進出先とする理由として、周辺の人気観光地までの近さと、関西国際空港や新幹線などの交通インフラが整っている点を挙げ、「大阪を強く考えている。国内外からお客を呼び込める」と期待感を示した。

 一方、国内で懸念されているギャンブル依存症の問題に関しては、カジノの面積がIR全体の一部に過ぎないと説明。

 その上で「ネガティブな反応をする人がいるが、(会議などができる)マイス施設やレストラン、ホテルが入っていることを説明すると理解してもらえる」と述べ、地域経済や観光業の振興につながるとメリットを強調した。