大阪ニュース

夢はF1レーサー 大阪初を目指す斎藤海斗さん抱負

2018年2月7日

 大阪から初のF1レーサーを目指すレーシング・ドライバーの斎藤海斗さん(20)が、大阪市港区で今年の抱負を語った。斎藤さんは、10代からカート・レースを走り、現在は新潟アルビレックス・レーシング・チームに所属。昨年、富士スピードウェイ(静岡県)で開催されたJAFスーパーFJ選手権にも参戦した。

F1レーサーを目指す斎藤海斗さん

 「去年のシリーズは、全体に満足のいく走りができませんでした。しかし10月の最終戦では、離されることもなく、今年につながる走りができたと思います」と振り返る。

 スーパーFJ選手権は、F4、F3からフォーミュラ・ニッポンへと続くフォーミュラ・レースの登竜門だ。

 今年の目標は「確実なステップアップで、勢いでF3まで行けたら最高です。それぐらいの気持ちで、積極的に走ります」と誓う。

 フォーミュラ・レースの魅力については「やはりあのエンジン音とスピード感。それからレースでの達成感ですね。よくレースの中でドライバーは風になると言われますけど、あれは本当やと思います」。