大阪ニュース

延べ来場者は1367万人 17年の「光の饗宴」

2018年2月9日

 大阪・光の饗宴(きょうえん)実行委員会は8日までに、イルミネーションイベント「大阪・光の饗宴」(昨年11月12日〜12月31日)について、延べ来場者数が約1367万人に達し、2016年度に比べ74万人増えたと発表した。経済波及効果は約673億円に上り、8億円増加した。

 来場者数が伸びた要因には、同イベントのうち大阪市のメイン通りで行われた「御堂筋イルミネーション」と、同市役所周辺や中之島公園で開催された「OSAKA光のルネサンス」に計766万人が訪れ、16年度より80万人増加したことが挙げられる。

 来場者に実施したアンケートでは、「大変良かった」「まあ良かった」と評価する声が合わせて89%だった。