大阪ニュース

G20関係経費の補正予算案提案 府議会

2018年3月6日

 大阪府は5日、2019年に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会合について、大阪のPRや警備体制の整備に関する経費として、2018年度一般会計の当初予算案を2億4600万円増額する補正予算案を府議会本会議に提案した。補正後の総額は2兆5545億円2600万円となる。

 三重県で開かれた16年の伊勢志摩サミットを参考に、海外メディアを大阪に招くプレスツアーや飛行機の国際線の機内誌への広告掲載、ポスターなどによる府民への周知などを想定し、経費として約2億2900万円を盛り込んだ。

 また警備体制の整備に向け、大阪府警が新たに設置する組織の立ち上げ費用として約1700万円を計上した。