大阪ニュース

「春のトリュフ」食パン 1日10斤、4月上旬まで販売

2018年3月7日

 ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)は、高級食材のトリュフを用いた食パン「春のトリュフトースト」を館内で販売している。1日10斤限り、4月上旬までの期間限定。「封を開けると鮮烈なトリュフの香りを感じることができる“ぜいたく過ぎる”食パン」とPRしている。

香りや風味を最大限に引き出した「春のトリュフトースト」

 新発売した昨春は、販売初日から売り切れが続くなど反響を呼んだことから、今年も販売を決めた。

 味の決め手となるトリュフは、春にだけ出荷される「ビアンケットトリュフ」を採用。細かく刻んだ春トリュフにトリュフバターやピュアオリーブオイル、ショートニングを使い、生地のパサつきを防ぐため生地を練る作業を念入りにするなど丁寧に焼き上げた。

 担当者は、トリュフと相性の良い半熟の目玉焼きやスクランブルエッグを合わせ、「手軽に朝のぜいたく料理を楽しんで」と呼び掛けている。

 1斤1200円(税別)。午前10時から午後8時。予約、問い合わせは電話06(6949)3298、パティスリーSATSUKI。