大阪ニュース

「食のみやこフェア」 鳥取のスイーツ 人気に

2018年3月9日

 大阪市中央区今橋の日本生命本店東館で7日、鳥取県の物産販売と観光をPRする「食のみやこ鳥取県フェア」が行われた。大阪では手に入らない地元ブランドのスイーツが人気を集めていた。

「白バラ牛乳」のスイーツをはじめ、各商品を選ぶ社員ら

 同社と同県は昨年11月に地域活性化などを織り込んだ包括連携協定を締結。同社は各県と同様の協定を結び、大阪、東京の各店で物産フェアを開いている。

 この日は、女性社員をターゲットに、同県のソウルドリンクで全国的にも人気が高い「白バラ牛乳」のシュークリームや大福をはじめ、焼きがにせんべいなどの地元銘菓を中心に約70品を用意。午前11時半にスタートすると、昼休憩と同時に多数の女性社員が列を作った。

 フェアには、同県のマスコットキャラクター「トリピー」も参戦。社員とのツーショット撮影にも気軽に応じていた。

 同県関西本部の榧野弘之販路開拓チーム長は「こんなに売れ行きのいいフェアは他にない。スイーツを通して、鳥取県においしい食べ物がたくさんあることを知ってほしい」と喜んでいた。