大阪ニュース

一気に“初夏” 大阪城桃園でハナモモ開花

2018年3月16日

 15日の近畿地方は高気圧に覆われ、日中は各地で青空が広がり気温が上昇した。大阪管区気象台によると最高気温は、枚方市22.3度▽堺市22.8度▽八尾市23.2度−に達し、それぞれ今年最高となったほか、豊中市20.8度▽大阪市21.5度−など平年を6.6〜9.3度上回る4月下旬から5月上旬並みの暖かさとなった。

青空の下で枝を覆うように咲き連なる「矢口」=15日、大阪市中央区の大阪城桃園

 同市中央区の大阪城公園最北端に広がる「桃園」では、早くも初夏を思わせる日差しの中、ハナモモの早咲き種が色よく開花している。

 園内には12品種約200本が植えられており、先週末からピンク色の「矢口」(八重)や白色の「関白」(同)などが順次咲き始めた。全体の花の数はまだ少ないが、枝を覆うように順次咲き連なる姿が、国内外の来園者の目を楽しませている。

 管理する大阪城パークセンターによると、遅咲き種を含めると4月下旬まで楽しめる見込み。