大阪ニュース

宝塚北SA盛況 15日宝塚歌劇OGショー

2018年4月5日

 3月18日に新名神高速道路の川西インターチェンジ(IC)−神戸ジャンクション(JC)間が開通し、2週間余りが経過した。区間内には西日本最大級のサービスエリア「宝塚北サービスエリア」(兵庫県宝塚市)もオープン。南欧風景観をイメージし“宝塚モダン”をコンセプトにした施設は、大勢の利用客でにぎわっている。

連日大勢の利用客が訪れる宝塚北サービスエリア=兵庫県宝塚市

 同サービスエリアには、西日本の高速道路で初出店となる店舗も多いほか、地元に関連して宝塚歌劇や手塚治虫グッズの販売もある。

 オープンを記念したイベントも開催中。15日には宝塚歌劇OGレビューショーが午後2時から初めて行われるほか、土日にはジャグリングやパントマイムのパフォーマンスショー、人気のキッチンカーが集結。フードコートやショップの各店舗では記念特別価格で商品を提供している。

 同区間の開通で新名神ルートと名神・中国道ルートのダブルネットワークが形成され、全国有数の渋滞個所である中国道宝塚トンネル付近を避けることができるようになった。