大阪ニュース

過去最多2763人受講 高齢者大学校入学式

2018年4月16日

 大阪府高齢者大学校の2018年度入学式が、大阪市北区の大阪国際会議場で行われた。健康寿命の重要性が増す中、受講生は過去最多の2763人を数えた。和田征士理事長は「趣味を深め、仲間をつくってワイワイ、ガヤガヤすれば元気になる」と新受講生を迎えた。

和田理事長(左)に受講生を代表してあいさつする矢野さん

 受講生の平均年齢は69・8歳。歴史、語学、スポーツなど67講座に分かれて1年間学ぶ。

 入学式は10日にあり、受講生代表の矢野幸子さんが「気負わず、無理せず、健康に留意して学校生活を楽しもう」と抱負。府担当者は「人生100年時代は健康、元気、有意義に過ごせるかが問われている。(高大の受講生は)目指すべき生き方」と話し、文化勲章受章者で東京理科大前学長の藤嶋昭氏が講演した。

 高大はNPO法人化した09年度に受講生526人でスタート。大阪市教育会館(中央区)を拠点に活動し、10周年記念式典を来年1月に予定している。