大阪ニュース

茶屋町に「ミズノ」新旗艦店 グランドオープン

2018年4月20日

 ミズノ(大阪市)の新たな旗艦店「MIZUNO OSAKA CHAYAMACHI(ミズノオオサカ茶屋町)」が20日、大阪市北区茶屋町にグランドオープンする。スポーツを取り入れた生活スタイル提案を発信していく。19日には内覧会とオープニングセレモニーがあった。

ウエアやシューズなど日常にスポーツを取り入れたライフスタイルを発信する1階フロア=19日、大阪市北区茶屋町のミズノオオサカ茶屋町

 店舗は1〜7階で構成され、売り場面積は1660平方メートル。複合商業施設やスポーツショップが集積する茶屋町エリアに立地する。

 各種スポーツ用品販売や女性向けの運動プログラムを提案、イベントホールではヨガ教室や忍者学校などを行う。1階はスポーツカジュアル品を展開。ウエアの新シリーズ「ミズノスポーツスタイル」やカジュアルシューズ、ファッションブランドとコラボレーションしたアイテムなどをそろえた。

 6階は直営店初のスイング速度が表示される野球の仮想現実(VR)体験ブース、2階にはランニングフォームをコンピューター診断するサービス、3階はオーダーメードの中敷きができる「フット・ケア・ステーション」を設けた。

 水野明人社長は「多くの人に体験価値を味わっていただき、新しいミズノの顔として発信していく」と話し、初年の売上高は12億円が目標という。

 ミズノブランドアンバサダーの松岡修造氏も駆け付け、オープニングを盛り上げた。営業時間は午前11時〜午後8時(不定休)。