大阪ニュース

G20受け入れへ本部会議初会合 住民周知など確認

2018年5月17日

 2019年6月に大阪市で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議の受け入れ準備を巡り、大阪府・市でつくる「G20大阪サミット推進本部会議」の初会合が16日、府庁で開かれた。開催まで残り1年余りに迫る中、住民の理解を得るための取り組みなどを確認した。

 会議では事務局が作成した開催までのスケジュール案が示された。住民の理解と協力の確保に向けて、8月ごろまでを「周知」▽9月ごろ〜12月ごろを「理解促進」▽来年1月ごろ〜3月ごろを「準備期間」▽来春以降を「参画」−と位置付けている。

 松井一郎知事は閉会後、記者団に「(サミット開催中は)普段と違う生活になるので、住民や企業、団体に理解して協力してもらうことが大事だ」と話した。