大阪ニュース

事業承継問題解消へ会議設置 府と経済団体など

2018年5月17日

 大阪府の松井一郎知事は16日の定例会見で、後継者不足に悩む中小企業が直面している事業承継の問題を解消するため、経済団体や金融機関などで構成する「事業承継ネットワーク推進会議」を21日に設置すると発表した。構成する各団体の強みやノウハウを生かし、スムーズな事業承継につなげる。

 同会議の構成は府内各自治体や各商工会・商工会議所、中小企業団体中央会など約100団体を予定。これまで各団体が、個々に中小企業の事業承継の問題に対応していた。

 同会議では、会社の現状をチェックする「事業承継診断」を促進し、人材確保や財務、相続など浮かび上がった課題に対応する。

 経営者からの相談を受け付ける総合窓口「事業承継相談デスク」を、29日に大阪商工会議所に新設する。