大阪ニュース

70年にタイムスリップ 7月EXPO企画展

2018年6月17日

 東大阪市の大阪府立中央図書館1階展示コーナーで7月3〜29日に企画展「タイムスリップ!EXPO'70」が開かれる。1970年に千里丘陵で開催された「日本万国博覧会」(大阪万博)を知らない世代が増える中、多彩な実物資料を通じて当時を振り返るとともに、2025年万博誘致の機運を盛り上げる。

万博ミュージアムの展示風景(府立中央図書館提供)

 会場では大阪府日本万国博覧会記念公園事務所の協力でパネルやグッズを展示するほか、同図書館所蔵の万博関連書籍を紹介する。また、著名な万博グッズ収集家で、池田市にある「万博ミュージアム」館長、白井達郎さんの関連講演会(22日)や同館秘蔵品の展示(28日まで)も行う。

 白井さんの講演会「大阪万博よもやま話し〜2025年万博の夢」は午後2時(開場は30分前)〜同3時半。受講無料。定員は当日先着80人。

 開館時間は午前9時〜午後7時(土日祝は同5時)。会期中の7月9、17、23日は休館。最寄り駅は近鉄けいはんな線「荒本」駅。

 問い合わせは電話06(6745)0170。